ひっそり・こっそり・ほそぼそと…

Liberetto

「 月別アーカイブ:2019年04月 」 一覧

米山公啓著『医学は科学ではない』(ちくま新署),筑摩書房,2005年

2019/04/07   -文献紹介
 

書名が示す通り,医学という営みが,その臨床の現場のみならず,研究においても,いかに「いわゆる科学」からかけはなれているのかを具体的な事例を折り込みつつ論じている.曰く、 「医学の進歩の底流に流れるのは …

[文献紹介] 池川清子著,『看護 – 生きられる世界の実践知(フロネーシス)』,ゆみる出版,2001

2019/04/06   -文献紹介
 ,

看護学は専門職としての社会的地位を獲得してから歴史も浅く,他の諸学から区別しうる学(ディシプリン)としての固有性を体系的に確立するにはいたっていない. 池川清子著,『看護 – 生きられる世 …

[文献紹介] 加藤尚武著,『技術と人間の倫理』,NHKライブラリー, 1996年

2019/04/05   -文献紹介
 

科学技術の急速な進歩に伴い様々な問題が、緊急の課題として人間につきつけられている。今日、科学は科学技術の意味で一般には用いられ、我々の生活のかなりの部分がその恩恵にあずかっているというのが現状である。 …

[文献紹介] McGrath, Alister E., “The Foundations of Dialogue in Science and Religion,” Blackwell Pub., 1999.

2019/04/04   -文献紹介
 

先に紹介したマクグラスの本をより丁寧に論じたものなので、あわせて読むことをお勧めしたい。 McGrath, Alister E., “The Foundations of Dialogue …

[文献紹介] McGrath, Alister E., “Science & Religion: An Introduction,” Blackwell Pub., 1998

2019/04/03   -文献紹介
 

科学とキリスト教に関する入門書. 科学哲学の議論も要点が手際よく整理されており,問題の全体を把握するにはよい.特別な知識がなくとも十分,読み進めていくことができる上に,リファレンスも充実. 本書は、教 …

[文献紹介] 森岡正博著,『生命観を問いなおす』,ちくま新書,1994年

2019/04/02   -文献紹介
 

生命倫理を学ぶ者にとり必読の基本文献.この分野で,精力的に研究を進める森岡の一般向けの書物.その独創性のひとつとして,従来別個に探求されてきた生命倫理と環境倫理を一層深い次元(文明批判という観点から) …

[文献紹介] Polkinghorne, John R., “Traffic in Truth -Exchanges between Science and Theology,” Fortress Press, 2000

2019/04/01   -文献紹介
 

一級の理論物理学者であり、英国国教会の司祭でもある著者ポーキングホーンの一般向けの小著。 本書は、彼のこれまでの大著で論じられて来た「科学とキリスト教」という難解なテーマを、現代物理学の成果を踏まえた …

Copyright© Liberetto , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.